ゴクンと飲み続けて徐々に実感する効果|シミの改善に役に立つ薬を利用しよう

女性

肌を白くするために

サプリメント

シミを化粧で隠していてもシミに対しては何の効果もなく、さらに濃くなる可能性があります。これからもシミを作らせず、できてしまったものを消すこともできる薬でもあるハイドロキノンは、クリニックで相談してもらうようにしましょう。

View Detail

飲むことで美白効果

女性

ホルモンバランスの乱れによってできるシミは、トラネキサム酸の薬やビタミンCのサプリメントで防止できます。シミはメラノサイトがメラニン色素を作ることが原因ですが、これらを飲むとメラニン色素が作られにくくなるのです。ホルモンバランスの乱れによるシミに悩む人は増えているので、これらの需要は高まっています。

View Detail

顔にできるものへの対策

美容

ご家族やご友人でシミに悩んでいる方がいるのならば、シミに対して効果がある市販薬が販売されていることを教えてあげましょう。手軽に1000円後から始めることができるシミ対策なので喜んでもらうことができるはずです。

View Detail

種類別に使い分けましょう

スキンケア

肌に合わせて使用が大切

女性の悩みの一つとしてシミが挙げられます。近年、紫外線が強くなり一年中日焼け止めを使用している女性も多くいます。しかしながら、日焼け止めをしていても完全には紫外線を防ぐことができずシミが発生してしまうケースもあります。また出産などの影響でホルモンバランスが崩れ肝斑という種類のシミに悩まされる人もいます。このような状況になった場合にはシミ専用の塗り薬や飲み薬を取り入れて、集中ケアすることをおすすめします。最近ではドラッグストアで気軽に購入できるものから、美容クリニックで処方してもらうものまでさまざまあります。塗り薬の場合には使用する用量や用法をしっかり守らないと、反対にシミを濃くしてしまうこともあるため注意が必要です。

併用も可能なケースがあり

シミをケアする場合には塗り薬と飲み薬がありますが、どちらも併用して使用できる場合もあります。飲むタイプの場合にはビタミンCなどのシミを薄くしたり、メラニンの生成を抑える働きのある成分が含まれているものが多いため、今後できないようにする対策にも役立ちます。反対に塗り薬の場合には直接気になるシミに塗布するタイプが主流です。ハイドロキノンなどの漂白作用のある成分のものや、レチノールなどのメラニンの生成を抑えるものなどが特徴としてあげられます。美容皮膚科などでは、市販されているものに比べて、成分濃度が高くより早くシミに働いてくれる薬もあります。このため、一日も早くシミを消したい場合には美容皮膚科に相談してみることをおすすめします。